Voices

巷ではKISS一色の今日この頃ですが(笑)、
もう35年も前、中学生当時に初めてリアルタイムで体感して好きになったバンドは、チープ・トリックでした。
それまで知っていたロックと言えば、ビートルスにストーンズ、そしてパープルにツェッペリン。
それらのどのバンドよりも新鮮で親近感をおぼえた。
実物を観る事になったのは、40才を過ぎてから。
今でも、好きとかそういう感じじゃなくて、あの頃に吸収した音楽っていうのはカラダが憶えている。
youtubeで検索してたら、つい5年ほど前のチープ・トリックのライブ映像を見つけた。


当時も今も大好きな曲、”Voices”
様々なバンドの往年の名曲の現在バージョンを耳にしたけど、正直あまり良いと思った事が無い。
もちろん、懐かしさとか珍しさは感じるけど。
でも、この”Voices”は、むしろ当時のレコード・ヴァージョンよりも好きだし、カッコ良いね。
すごく骨太で、ロック然とした歌と演奏。
ドラムは、バンEの息子さんかな??
既に5年前だけど、イイネ!感動感激。


コメント

  1. allen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Voices、名曲ですよね。レコード・ヴァージョンは とても綺麗で、骨太さよりポップな印象があります。リックのギターソロも大人しいし。。
    ドラムは、バーニーではなく、リックの息子です。
    それにしても、リックの5本くらいあるネックのギターとか、何だったんだろう?

  2. sano より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    リックの息子だったんですね!
    この曲のギターソロ、クレジットされてないけど、スティーブ・ルカサーらしいですね。