西葛西の名店がやって来た

西葛西駅に、立ち食い蕎麦界では有名な「やしま」という名店がある。
その「やしま」が、旧江戸川を越えて昨年末に行徳駅に支店をオープン。
地元浦安を越えて行徳…。
どちらへ行くにも同じ距離か??
150312001.jpg 150312002.jpg
まだまだ西葛西には追い着かない感じは拒めないけど、
同じ価格で快適に食べられるのはイイ(笑)
本来、立ち食い蕎麦屋って、冬は寒く、夏は暑く、皆時間に追われて殺伐とした空気の中でサッと食べるもの(笑)
ガード下の吹きさらしだった西葛西の「やしま」なんていうのは、そういう典型的な「立ち喰いそば屋」なわけです。
ところがこの行徳店、屋根もドアもある普通の店。そして、全て椅子席。
まぁ、椅子のある店も最近は珍しくない。
オーダーこそ食券制だけど、厨房近くで待ってたら、出来上がったら席まで届けてくれるとの事。
食べ終わって、トレイに乗せた丼を持って行こうとすると、そのままで結構ですとの事。
普通の店では当たり前の事だけど、「立ち食いそば屋」のつもりで来たのですごく違和感(笑)
駅ナカの立ち食いそば屋も、「立ち喰い」じゃない店が増えたし、
何をもって「立ち食いそば屋」なのかよく分からない今日この頃ですが、
こちらが勝手に、安くてセルフサービスのそば屋を「立ち食いそば屋」という呼び名にしてるだけかもしれないです。
それで通じるからいいんですけどね(笑)


コメント