最後のペヤング

2011年の震災で実際に被害に遭っていろいろと教訓を得た。
米や水の備蓄とかレジャー兼非常用としてのアウトドア用品とかは以前から心得てたけど、
缶詰とかインスタント食品を非常用と意識してストックするのは震災以降かも。
たまに入替を兼ねて食べるんだけど、
賞味期限が近付いているにも関わらず手を付けられないものがあった。
ペヤングソース焼きそば。今や幻。
当初はオークションでも高値で落札される人気っぷりだったけど、
販売中止直前に購入したやつでも、既に賞味期限ギリギリじゃないのかな??
我が家の非常食用の中に1個残っていたのも、既に賞味期限切れ…。
150520001.jpg
惜しいけど食べた。
青春の味。
これが最後かと思うと泣けてくるね。
これで、本当のさようならになってしまったな、ペヤング。
近いうちに販売再開するらしいけど、パッケージが今時のタイプになるらしいですね。
湯切りに失敗しないやつ。
味が変わらなくても、あのパッケージが変わったらペヤングじゃないんだよな。
中身をシンクにぶちまける心配が無いなんて…。
150520002.jpg
湯切りの時、あの緊張感があってこそのペヤングなのである!
無事に湯切りを終えた安堵感と共に食べるのがペヤングなのである!!


コメント