もりあわせ(そば)@とんがらし(水道橋)

立ち食いそば屋には、立ち食いそばなりの美味さがあるわけでして、
それ以上のものを求めるなら普通の蕎麦屋へ行くわけです。
ところが最近は、変に本格志向な立ち食いそば屋も多くて、
特別美味いわけでもなく、B級感も皆無でどっち付かずの店も多くなってしまいました。
さて、立ち食い蕎麦屋の天ぷら蕎麦に関しては、エビ天なんか論外。
かき揚げこそが立ち食い蕎麦の天ぷらである!と強く思っているのは変わりません。
が、この店だけは違いましたね。
立ち蕎麦界では有名な、水道橋の「とんがらし」。
天ぷらが安くて多くて美味いという噂は知ってましたが、近くに行った折にそれほど期待せずに入店。
少々並んで、一番人気らしい「天ぷら盛り合わせ」の蕎麦を注文。
その間にも、近所のサラリーマンやら学生らが続々と並び始め、人気を実感。
注文が入ってから揚げるので、並んでいる途中に注文を聞かれる。
狭くて年季の入った店の奥では、店の主がひたすら天ぷらを揚げている。
まぁ、揚げたてを食べられる店は珍しくはない。
あらかじめオーダーが通っているので、
自分の番が来てもそれほど待たずにカウンターにて代金引換で受取り。
蕎麦の上には、普通サイズのイカ天を半分に切ったものが2つ、小さめのエビ天が6本??
メニューだと4本だったけど…。
確かにボリュームはすごい。
ボリュームだけならそれほど珍しくないだろうし、
これで550円だから、特別美味くなくても、不味くなけりゃじゅうぶん!
150806002.jpg 150806001.jpg
早速、天ぷらからいただいてみると、これがビックリ、ちゃんとした天ぷらじゃないですか(笑)
立ち食い蕎麦屋の天ぷらの一線を越えた、本当の天ぷら。
ゴマ油が効いて、衣も薄すぎず厚過ぎず。
他の立ち食いそば屋の天ぷらはもちろん、和食ファミレスの天ぷらなんて勝負にならない美味さだね。
サクサク感をもっと味わいたかったので別皿にして食べたかったなぁと思っていたら、
「天ぷらの別皿は13時以降」との表記が壁に。
やっぱり、そういうリクエストが多いんだろうね。
ちなみに、蕎麦も汁もいたって普通。
天ぷらがこれだけ美味けりゃ、蕎麦も汁もどうでもよくなってくる(笑)
天ぷらが美味いというわれる立ち食いそば屋もいくつか行った事があるけど、
ここ「とんがらし」の天ぷらは立ち喰いそば界ではナンバーワンだね!
かき揚げじゃないのがちょっと反則だけど。
揚げ物セーブの身ですが、久しぶりのご褒美でした。
だから尚更旨かったのかな(笑)


コメント