自分を誉める日です

6年前の今日、タバコをきっぱりやめました。
いや、きっぱりというのは少し違うかな?
禁煙開始日、ニコチンパッチを貼って、
さぁ禁煙だ!と家を出て駅に着いたらコンビニでタバコを買って、
これが最後の一服だ!なんて吸っちゃいましたから(笑)
この1本を吸いながら、オレはとことんダメ人間だなぁ…と思い、
本当にタバコと決別する事になりました。
151015001.jpg
あれから6年。
すっかり「卒煙」できた今日この頃です。
禁煙開始3~4年目くらいまでは、いつでも喫煙再開できそうでした。
それ以降は、ようやくタバコの臭いが嫌いになりましたね。
マナーさえ守れば喫煙は否定しないし、
喫煙者に対して禁煙教入信勧誘のごとく禁煙を迫るつもりは全くありません。
ただ、自分がタバコをやめてから気付いたのは、
「無理してタバコをやめるのは精神的にはよろしくない」というのは単にやめられない事の言い訳に過ぎないという事と、
「本数を減らす」のは全く意味が無いという事。
そしてタバコをやめて一番良かった事は、楽になった事。
そりゃそうだ、喫煙場所を探したり、タバコのストックを気にしたり、
そういうタバコとのしがらみから一切解放されたわけですから。
という事で本日は、タバコすらやめられなかった当時のダメな自分を戒め、
禁煙という名のマラソンを完走し続けている自分を褒める日です(笑)


コメント