マグロカブト焼定食@タカマル鮮魚店

新宿界隈に何店舗かある「タカマル鮮魚店」ですが、柏市内のショッピングモール内にもある事をつい最近知った。
表側は鮮魚店で、その奥に観光市場によくありそうなタイプの食堂があるというスタイル。
海の宝石箱的な刺身メニューがいろいろありますが、こういう時にはあまり食べない。
刺身なら、美味い魚を買って帰れば自宅でもじゅうぶんに堪能できる。
対して、煮魚とか焼魚は、家庭ではなかなか出せない味を楽しむことができるので。
という事で、煮魚にターゲットを絞って行ったのですが、「マグロカブト焼定食」の文字が目に入り、こちらに決定。
190319002.jpg 190319001.jpg
最初にレジで会計を済ませ、番号札を渡されて席にて待つ。
作り置きかなぁ…と思っていたら、なかなか呼ばれない。
これはもしかして注文が入ってから焼いているのか??
嬉しいけど、早く食べたいイライラもあって複雑(笑)
20分以上たってようやく番号が呼ばれて、料理を受け取るコーナーへ行ってビックリ。
想像を超えた大きさのカブト。マグロだから当たり前だけど、1人前の定食のオカズだからもっと小さいものを勝手に想像していた。
居酒屋で4~5人でつつくような感じ。
昨年、他店でブリカマ定食を頼んだら頭まるごと出てきてビックリした事があったけど、その比ではない。
マグロカブト焼の乗った大皿と、ご飯とあら汁が乗ったトレイはずっしりと重い。
慎重に席まで運ぶ間に、大きなマグロカブトを見て「すごいわね」と話すオバチャン達の声が恥ずかしい…。
190319003.jpg 190319004.jpg
あら汁の入った椀はかなり大きめなので対比し難いのですが、奥に見えるカットレモンを大きさの参考にしていただければ…。
しっかりと焼き上げられたマグロカブトですが、いくらデカいといっても可食部分は大した事ないだろうと食べ始めましたが、
ほじってもほじっても身が出てくるのでゴールが見えない(笑)
そしてデカ過ぎて、割り箸でひっくり返すのは至難の業で、出来ればトングと別皿が欲しい。
そして脇役ではありますが、あら汁も美味い! これだけでもオカズになりそうな旨いやつ。
食べても食べても出てくるマグロの身と格闘しながら、なんとか9割ほど食べた感じでご馳走様。
まだまだ隅々まで探せば身が出てきそうですが、皿一枚の上では邪魔な部分をどかさないと捜索不可能で降参。
これが1000円+税とは、恐れ入りました。


コメント