マトンカダイ@ティッカハウス(行徳)

お隣の街、行徳の住宅街にあるかなり前から気になっていたインド・パキスタン料理の店です。
入るのに躊躇するような独特の雰囲気だったのですが、先日通りかかったら看板も新しくなってイメージが変わってました。

以前は「パキスタン」の表示もあったはずなのですが、リニューアル後の看板には「インド料理」となっている。
ニハリやハリーム等のあるメニューはそれほど変わってないみたいなので、インド・パキスタン料理という認識で良いのかな??
但し、駐車場が無いのが難点。
ならば原チャリで行ってみるか! と、天気の良い日に食べに行ってみた。
店内、結構狭いです。

ランチメニューは2系統あって、日本のインド料理屋さんでお馴染みな数種のカレーからチョイスしてナンとセットになっているタイプ。
そしてもう一つは、これぞパキスタン系な、ハリームやらニハリやらビリヤニ。
何故かこちらのメニューには日本語表記無し。
日本人客は頼む方も少ないのだろうか。
ビリヤニかニハリか悩むが、カダイとやらが気になる。
写真を見る限りでは、いわゆるシチューとか煮込み系の料理。
まぁ、カレー系な味なのは間違いないだろうという事で、カダイに決定。
もちろんマトンで♪
ナン??ライス??と聞かれたので、ナン。
ペタペタとナン生地を叩く音を聞きながら待っていると、まずはお馴染み「あのドレッシング」のサラダが登場。

続いて、マトンカダイとナンが登場。
ナンは、こういう店にしてはやや小ぶりですね。
マトンカダイは、マトンがゴロゴロ入っていて、我々の想像する普通のカレーよりもやや赤い。
スライスした生姜とパクチーが乗ってます。

食べ始めてみると、メニュー写真を見て勝手にイメージしていた味とほぼ同じという事に感激(笑)
こういう味が食べたいと思ってオーダーしたのですから、そりゃ美味いです。
インド料理屋さんの一般的なカレーよりも、トマトの酸味が増した感じで、マトンにもよく合いますね。
パクチーと生姜が良いアクセント。
ナンが進む味です。

ナンが足り無さそうなので、追加で一枚オーダー。
いくら小ぶりのナンでも、2枚食べて満腹です。
ライスよりナンが合いますが、出来ればチャパティとかロティがいいなぁ…、と思ってメニューを見てみると、ランチセットはナンかライスですが、単品メニューにはロティとパラタがありました。
なるほど、そういう事ね。
と、お店の方が氷入りのグラスを持ってきまして、水ならあるよと思いましたが、そのグラスに家庭用の麦茶ポットみたいなやつからミルクのような物を注がれた。
ん??ラッシーか??
ランチサービスみたいです。
普段ラッシーを飲む事なんて無いのですが、サービスなのでありがたくいただきました。
行徳の住宅街で、こんな美味しい異国の料理を食べられるとは思わなかった。
ご馳走さまでした。
ところで、どこかで食べた事のある味だと思った「マトンカダイ」ですが、「カダイ」とは鉄製の両手鍋(フライパン)の事だそうで、それを使って調理した料理という事らしい。
ん??ますます食べた事があるぞ。
そうだ、カラヒ、カラヒだ。
八潮市のパキスタン料理屋で、マトンカラヒを食べた。
カラヒも確か鉄鍋だかフライパンだかの調理器具だったはず。
いろいろ調べたけど「カラヒ」と「カダイ」の違いがよく分からなかった。
美味けりゃそれでいいのですが(笑)




コメント

  1. […] 先日、マトンカダイを食べた行徳のティッカハウスですが、美味過ぎたので、10日と経たずに再び訪れてしまいました。 […]