鬼の味 塩まるとくらーめん@福々亭

伊豆高原一泊後、復路の昼飯は海鮮以外でリサーチしたのですが、
そうなるとやっぱりラーメン(笑)
小田原系なるラーメンが気になってたんですが、
伊東駅近くにあの「支那そばや」の流れを汲む、言わば分店である「福々亭」という店があるのを知り、
ターゲットはそこ1店に!
実は「支那そばや」は未経験。
ラーメンの鬼、佐野実氏の味とはどんなものなのか?!という事で、11時ちょい前に到着。
180403004.jpg 180403001.jpg
しかし、11時を過ぎてもシャッターは半開きの準備中のまま。
他のお客さんも来ない。
店頭の案内をよく見ると、開店時間は11時半だった(笑)
ベンチもあるし1番乗りなので30分の我慢。
すると10分ほどで他のお客さんが集まり始め、開店直前には20名程の並びに。
結果オーライ、ラッキーでした。
180403002.jpg
メニューは店頭で決めてあったので、席に案内されたと同時にオーダー。
普段は、ラーメンに1000円なんてバカらしく思ってますが、ここは金の使いどころだろ?!という直感で、
「塩まるとくらーめん」なる、基本の塩ラーメンにロースとバラ2種のチャーシュー、ワンタン、味玉が追加された、
いわゆる全部乗せ的なものをオーダー。1100円也。
佐野実氏のトレードマークであった詰襟白衣を着たご主人の真剣勝負的調理を拝見しつつ待つ事10分くらい。
180403006.jpg 180403007.jpg
あ~、「塩」をチョイスして正解!といった感じの透き通ったスープは、「滋味深い」という言葉がピッタリの奥深さ。
とにかく深い。
チャーシューやワンタン、味玉の半熟具合、どれも美味いけど、このスープには麺と薬味だけで十分だったかもと言えるほど。
意外だったのが、麺量の多さ。
この感じのラーメンって、量も上品なのが多いけど、他店の普通以上大盛未満なボリュームで満足。
コショウも醤油用と塩用を分けているこだわり。
180403005.jpg 180403003.jpg
鬼の味は滋味深い味でした。


コメント