アティティ@本八幡

以前から気になっていた本八幡駅近くのインド料理屋さんへ。
随分と日本語が流暢な女性がお出迎えで、席に着くなりメニューを渡してくれた。
何となくですが、外国の方がやっているお店ではあまり感じる事の無い、極めて日本的なおもてなし感がある。
ランチはA~Bの三種で、700円のお手頃なものから1250円のちょっと品数豊富なものまで。
それ以外にも何種かあったかな??

普段なら、某五郎さんのごとく熟考するのですが、何かイイ感じの雰囲気に飲まれて(笑)、思わず一番高いCセットを注文。
カレーは二種選べるというので、マトンキーマとチキンジャイブーリなる骨付きチキンのカレーをチョイス。
料理で出てくるまで意外と時間がかかったのですが、なるほど!作り置き無しなので時間が少々かかる旨がメニューに書いてあった。
ワンプレートでど~んと出てきたCセットはライス付きのかなりボリュームありのプレート、それに加えてナンも付いてくるんだから、ナンとライスはおかわり出来ますよなんて言われてもたぶん無理です(笑)

近頃サラダづいているわたくしですが、サラダも十分なボリュームで、申し訳程度に一握りの生野菜がおまけに付いているのとは違う。しっかりした量のサラダ。
とは言え、普通のサラダで、インド料理屋のサラダでよくあるタイプのドレッシング。
サラダに多くは求めてないのでじゅうぶんです(笑)
そしてメインのカレーですが、まずはメニュー上での辛さ表示が少なかった方からという事で、マトンキーマを。
基本のカレーにスパイス追加しましたみたいな味のインドカレーが多い中、全てが馴染んで1つの料理になっているというか、二日目のカレー的マイルド具合。
辛いもの好きですが、こういうマイルドさも料理としては美味い。
丁寧な感じが伝わります。
ライスは、いわゆる長粒種ではなく、普段我々が食べている「ご飯」っぽい。
ここはやっぱり、サラサラっと長粒種がいいなぁ…。
もう一種のカレー、チキンジャイブーリは、メニュー上では辛さ度合がかなり高かったのですが、こちらもマイルドさが前面に出て刺激はそれほど感じられず。
どちらもとても美味いのですが、もう少し刺激が欲しいかな??
「炭焼きチキンと魚」はいわゆるチキンティッカとフィッシュティッカですかね??
実はフィッシュティッカを食べたのは初めて。
魚はメカジキっぽい食感のもの。
魚料理は大好きだけど、ティッカはやはりチキンがいいかな??
アチャールはタマネギ。こちらも美味しゅうございました。
食べ応えのあるナンは、ギトギトし過ぎずに良い塩梅ですごく美味しいのですが、やっぱりおかわりは無理(笑)
インド料理好きなのにラッシーがあまり好みではないわたくしは、ウーロン茶を飲んでご馳走様。
どれも美味しく、リピート訪問で各種カレーを味わいたいなぁ。
次から次へと入ってくるお客さんの多さからも人気の程が分かります。
高校時代毎日通った街、本八幡はハイレベルなカレーの店が多いですね。
当時はC&Cのカレーしか喰った事がありませんが(笑)



コメント