タンハン@大松食堂(船橋市)

何度か入ったことのある定食屋さんに、謎のメニューがあるのが気になってたのですが、何が出てくるのか分からないので冒険出来ずにいた。
タンハン…。

壁メニューしかなくて遠いので、最初はタンメンの見間違えかと思った。
近くで見ると確かにタンハン。
もしかして誤字?と思ったら、別途タンメンがある。
その時は頼む勇気が無くて普通に定食メニューを食べた。
そしてモヤモヤしたまま今回の訪問ですが、勇気を出して「タンハンって何ですか?」と店のおばちゃんに聞いてみると、「麺とご飯の違いです」との事。
ん?分かったような分からないような…、ますますモヤモヤしたままタンハンを頼んだ。

中華丼的なやつかな?と勝手な想像をしながら待っていると、全くの予想外。
ラーメン丼に入ったそれは、どう見てもタンメン。
そこでピンときた。
やはり、野菜の下を見ると、そこにはスープに沈んだたっぷりのご飯。
麺の代わりに米、説明通りなんだけど、こんなにストレートな物だとは思わなかった(笑)

味は、正にタンメン、タンメン好きとしてはなかなかいけてるタンメン「味」。
そして、油断しているとご飯がスープを吸ってどんどんボリュームアップ。
ただでさえボリュームたっぷりな野菜と肉、それに追い討ちをかけるスープを吸った米。
かなりキツかったです。
価格はタンメンと同じ800円。
やっぱりタンメンがいいなぁ…。
ご馳走さまでした。
次は普通にタンメンか美味しい定食をいただきたいです。





コメント