イカ丼とは如何なるものか?!

一時期人気急上昇した、あのアンデルセン公園のすぐ近く(今も人気キープ中??)、船橋市なんだけど、船橋駅周辺しか知らない方はビックリするほど素朴な風景の広がる一帯(笑)、そんなロケーションにある何度か行った事のあるラーメン屋さんというか定食屋さんというか、いや食堂という言葉がお似合いの店。
大型車も余裕でオーケーな駐車場なので、ドライブインと言った方がいいのかな??

通りがかったので久しぶりに入ったみたら、相変わらずイメージ通りの賑わいですね。
作業服系の方からスーツの方まで、正に働く男達のオアシスって感じです。
そこに、以前から気になるメニューがあった。
それは「イカ丼」。
果たして、どんなスタイルのイカが丼になっているんだろうか??
刺身、沖漬け、この辺りは好きだけど丼にはちょっとね…。
ゲソ唐揚げ、美味そうだけどゲソ丼を名乗らないとダメでしょ。
イカフライ、イカ天、この辺なら納得だし、普通の感覚ならこれでしょ(笑)
しかし、聞くに聞けず確信も持てず、来店の度にモヤモヤ。
今回こそはこのモヤモヤを払拭する為に思い切って頼んでみた。
単なるイカ天丼かイカフライが乗った丼という事を期待して…。

あぁ、そういう事なのね。
いわゆる玉子とじタイプカツ丼のイカフライバージョンでした。
まぁ、悪くは無い。
ちょっと濃い味付けは働く男達を意識してか??
値段をよく見るとカツ丼と同じじゃないか。
イカ丼が高いとは思わない、むしろカツ丼の価格設定が安いと思う。
こちらのカツ丼を食べた事が無いので何とも言えませんが…。
しかし、カツ丼と同じ価格ならカツ丼の方がいいなぁ…という、なんとなく「肉=高い」みたいな庶民感覚というか(笑)
モヤモヤが晴れて、すっきりした気分になった、と思いながらいろいろ検索してたら、よく拝見するブログに出てたじゃないか!!見落としてた。



コメント