酒肴新屋敷@高田馬場

四谷の揚物番長おすすめ絶品アジフライを食べに誘ってもらい、高田馬場の「酒肴新屋敷」なるお店へ。
とりあえず何も分からないまま、予約席へつき、遅刻の揚物番長が来るまではビールで乾杯。

全員揃ったところで、まずはシロウオの踊り食い登場。
有名だけど実はこれ初体験。
噛んでいいのか飲み込むものなのかよく分からないまま飲み込んでしまった(笑)
小鉢は釜揚げシラスと小松菜だったかな??

お次は、ホタルイカとワカメのしゃぶしゃぶ。
ワカメは大好きで毎日食べてますが、当たり前だけど安物乾燥ワカメとは異次元のワカメでした(笑)
ホタルイカはボイルや素干ししか食べた事が無かったのですが、しゃぶしゃぶだと柔らかい食感はもちろん、独特のワタの香りもイイね。

刺身はマグロとホウボウ。
ご覧の通りの見るからに美味そうなマグロが美味いのは当たり前ですが、個人的にはそろそろ旬も終わりのホウボウが最高!
そしてアジフライしか頭に無かったわたくしにとっては、ここから予想外の展開(笑)
鹿肉登場!

以前、いただいた鹿肉を焼いて食べた事がありますが、ただパサっとした赤身肉というイメージがあったので、これは目からウロコ的な美味さ。
野生の鹿肉もらって家庭でこんなレア調理は怖いですから(笑)
さすがプロの仕事。
鹿の次は猪がスペアリブで登場。
やっぱり猪肉は脂ありきで、脂身がたまらん。
ラーメンの背脂が豚じゃなくて猪だったらどんなに美味いだろうと思う次第です(笑)
さて、ようやくメインディッシュ、楽しみにしていあアジフライ!!

お馴染みの開きになった状態のアジフライではなく、二口サイズくらいの切身にして揚げたアジフライ。
肉厚な大き目サイズ鰺の半身半分ずつくらいのカット??
美味い揚物には、サクサクでフワフワという表現をよく使いますが、それを極めた感じの、極フワ極サク。
さすが、四谷の揚物番長が勧めるアジフライ。
身も、極限までクセを無くして美味いところだけが残って旨過ぎ。
もちろんゼイゴも中骨も皆無。
塩で食べなきゃ、このフワサク感が勿体ないね。
ソースや醤油かけたら台無しみたいな。
皆が絶賛するのも納得。
もう5切れくらい食べたい勢い(笑)
名残惜しく思ってたところに、タチウオフライが登場。
あのイヤな小骨も皆無で、元々柔らかいタチウオがフニャフニャ過ぎずに仕上がってるのが素晴らしいですね。
そしてお次がまたまたビックリの焼き物。

猪肉のロース。
まぁこれは何度も食べた事があるので、ほぉ~~~美味そうって感じだけど、もう一品が鹿のタン!!
これは興味津々で、早速鹿タンから焼いてみた。
タンと言えば牛か豚がお馴染みですが、鹿タンはどちらかと言えば牛寄りの上品なタンですね。
イイ感じの焼き具合に出来たけど、これは焼き過ぎ厳禁だね。
さして最後にこれまた予想外の展開でアジフライバーガー。

これは笑っちゃうほどビックリでした。
アジフライが美味いのは分かってましたが、バンズもイイ。
主役がバンズでもいいくらいだ。
某ポテサラ先輩も一緒だたったのですが、ポテサラが無かったのでウンチクが聞けなかったがちょっとだけ残念(笑)
というわけで、大満足の品々でした。




コメント