ギマフライはじめました@あみ富

キス釣りシーズンが始まって思い出した。
ネバネバする厄介者のあいつ。
でも美味いのです。
ギマ 【 https://zukan.com/fish/internal250

WEB魚図巻スクリーンショット

昨年、行徳の蕎麦屋さんでギマフライ定食に偶然出会ったのは8月の終わり。
あっという間にシーズンオフだったので、次のシーズンには!!と思いつつ忘れてた。
最近、昔の釣仲間何人かとSNSで繋がるようになり、それに関連してギマの画像を目にしたもので思い出した(笑)
行徳の北のはずれ、江戸川放水路近くの蕎麦屋「あみ富」へ。
ちょっと薄暗い店内に入り、卓上のメニューには目もくれず、壁に貼られた手書きメニューを探してキョロキョロ。
ありました!ギマフライ。
もちろんギマフライ定食をオーダー。
ご飯大盛なんて言いませんよ。
初めて来たときに、その盛りっぷりに懲りてますから(笑)
10分程で到着。

およそ10ヶ月ぶにご対面のギマフライです。
汁ものは、こちらもこの辺りならではの名物ホンビノス貝の吸い物ですね。
まずは吸い物から。
正に貝汁!と言ったホンビノス全開な香りで美味いです。
と言いつつ、味噌汁の方が好きだなぁ(笑)
メインのギマフライは4枚。
2尾分なのかな?
まずは、自分の勝手なセオリー通りに醤油でいただきます。
うん、やっぱり美味い。
美味い揚げ物のありきたりな表現だけど、中フワ外サクな優等生的フライで、とにかく魚の食感がイイ。
カラシがたっぷり付いてくるのも嬉しいね。
次はソースで。
ウスターソースですが、意外と美味いじゃん。
魚介類のフライは断然醤油派なんだけど、ソースが合う。
結局残りは全てソースとカラシで食べてしまった…。
醤油に拘らず、頭を柔軟にしなくては(笑)
三番瀬の夏の味覚、今シーズンもギマを堪能しました。
ギマフライファンとして毎年楽しみにしているのでお店に一言、
店外に「ギマフライはじめました」の幟とか貼紙があると嬉しいです(笑)
ご馳走さま!



コメント