ネギレバ炒定食@いづみ亭(柏市)

柏市と言っても、かなり手賀沼に近いエリア。
人里離れた…と言っても過言ではない長閑な場所にある古い食堂です。
駐車場がとても広いのですが、車じゃないと来れないような場所なのでその広さに納得です。
だいぶ前に入った事があるのですが、確か麺類を食べたけど味の記憶は無し。
近くまで来たので久しぶりに入ってみた。

駐車場は満車では無いけど、やや多い感じです。
食堂専用じゃないのかな?なんて思いながら暖簾をくぐってみると、あらまぁビックリ。
テーブルは自分で満席。
失礼ながら、こんなに繁盛してる店だったのか?と思った。
記憶では、かなり閑散とした店内だったのに。
さて、何を食べようか。
麺類、丼物、定食類、何でもござれなのでかなり迷う。
ちょうど皆さん入店されたばかりのようで、ちょうどオーダーをしているところなので様子を伺うと、ほとんどの方が「ネギレバ定食」と言っているのが聞こえる。
ネギレバ?
壁メニューをよく見ると「ネギレバ炒定食」というのがありました。

レバーは嫌いでは無いですが、ランチの選択肢としては食べる機会は少ない。
しかし、かなり人気みたいなのでその波に乗ってみよう!
という事で、ネギレバ炒定食です。

まず驚いたのが、レバーの量。
一般的にレバニラだとモヤシやニラがその大半を占めているイメージなんですが、このネギレバは皿のほとんどをレバーが覆い尽くしている。
ご飯ですが、オーダー直前に他の方の大盛ご飯を見てその盛りっぷりに驚いて普通盛りにしましたが、それでもかなりたっぷりです。
おっと、お新香辞退するのを忘れていた…。

まずは味噌汁から。
う、美味い。
味噌汁が美味い定食にハズレ無し!
早速レバーです。
何も考えずにガブっといってみましたが、素直に美味い!!
一瞬で美味い!と思った。
それは、食感、香り、味付けその他全て。
レバーは、臭み云々よりも、火を通し過ぎた時のパサっとした食感があまり好きではないのですが、このレバーはそんな事を微塵も感じない。

そして、しんなりするまでしっかりと炒められた長ネギの量が意外とすごい。
もしかして、1本分くらいは使っているのではないだろうか?
味付けは、醤油ベースのちょっと濃いめ。
これでご飯が進まないわけが無い!という王道の美味いやつ。
かなり多めのご飯も、米の美味さも相まってあっという間にたいらげてご馳走さまでした!
帰る頃になると、座敷も含めてほぼ満席。
いつからこんなに人気店になったのだろうか?
以前と変わらないのは、メニューに「インスタントコーヒー」があること(笑)

後で検索してみると、想像以上のネギレバ炒め人気でした。
何かのメディアで紹介されたのでしょうかね?
いつの間にか、人気の店になってました。


コメント