みそくる(bayfm開局30周年コラボ味噌らーめん)@麺場 田所商店 本店

味噌ラーメンが嫌いなわけじゃないんですけど、なかなか食べる機会が無い。
専門店がそれほど多いわけではないし、一通り揃ってる店でもわざわざ頼む事は少ないかも。
ここ数年、あちこちで見かけるようになった味噌ラーメンの専門店「麺場 田所商店」、お隣の行徳にはだいぶ前からあるのですが一度も入った事がない。
たまには味噌ラーメンでも喰ってみるかと入ったのが、この「麺場 田所商店」の本店でした。

場所は京葉道路武石IC近くで、駐車場も広々。
「麺場 田所商店」を知ったのは先に書いた行徳の店なんですが、本店が千葉県内だったとは全く知らなかった。
初めての店なので基本の味噌ラーメンを頼もうと入ったのですが、「味噌ラーメン」が各地の味噌別になっていて、初心者はどれを頼むべきかよく分からん。そんな時に目に入ったのがこれ!

みそくる?
何やらラジオ局のベイエフエムとの企画メニューらしい。
これも田所商店が千葉県発だからこそですかね??
ベイエフエム30周年をかけて三十路ラーメン。
そして千葉県のFM局ならではの地産地消ならぬ千産千消の食材。

味噌:味噌どころ佐倉の誇るヤマニ味噌(←何度も買ってますが美味いです)
落花生:千葉と言ったら落花生!
江戸菜:これは初めて知りました。県内だと船橋の小松菜が有名ですが、江戸菜とは小松菜を品種改良したものらしい。
伊勢海老:そう来ちゃいましたたか(笑)

こだわりの素材の数々、そして伊勢海老、お値段も当然1000円オーバーかと思いきや、ベイエフエムの周波数 78.0MHz にちなんで780円!!
これは食べなきゃ損というか、値段を見たらレギュラーの味噌ラーメンなんてどうでもよくなった(笑)
という事で、早速オーダー。
まずはお通しが出てきた。
何でも、日替わりでいろいろな味噌をコンニャクと共に味わえるらしい。
この日は八丁味噌。
まぁ普通です(笑)
このお通しのおかげで待ち時間がとても短く感じた。

お通し:コンニャクと八丁味噌
みそくる

イイですね。
伊勢海老ドドド~~ンという程ではないけど、780円のラーメンのトッピングの伊勢海老なら頭だけでも納得なのに、小ぶりながら伊勢海老半身がしっかり乗ってます。
スープは割と濃厚な味噌スープにほんのり海老の香り。
個人的には、海老に味噌汁クラスの海老感が欲しいところだけど、あくまで「味噌ラーメン」としてのバランスはこんなものか?という丁度良い香りです。
海老の身離れがちょっと悪いかな?
箸ではほぐれずに、諦めて手で持ってかぶりついた。
身もしっかり詰まってました。
初体験の江戸菜は、シャキっとして美味しいのですが、茎の部分はシャキシャキ過ぎたかも。
麺は、如何にも札幌味噌ラーメンなあのイメージで、注文しなくともやや固めの茹で加減は好感触♪
レンゲでスープと共にすくった挽肉は、落花生も混じって心地よい歯応え。
いやいやいや、イイじゃないっすか、みそくる。
こういうテレビやラジオとの企画商品ってあまりそそられないのですが、千産千消な内容に千葉県民として無意識にグッときたのかもしれない。
さて、会計を終えて店を出る時にお土産コーナーが目に入った。
各種味噌や味噌製品の数々。

ここであのお通しを思い出した。
これらの試食的意味もあったのか…。
やってくれるぜ、田所商店。思わず買いそうになったじゃないか(笑)




コメント