柏の佐野

さのまるにイモフライに佐野ラーメンの看板。
ここは佐野市か?!と思わせる佐野三点セットな看板を柏市内に見つけてからずっと気になっていた。
イモフライどころか佐野ラーメンでさえも、佐野市外で食べた事は無いかも。
佐野ラーメンは水が要なので、市外では難しいという話も聞いた事がありますが、こちらの麺は現地の湧き水を使用しているらしい。

佐野ラーメンの店へ行くとチャーシューメンを頼む事が多いのですが、今回もチャーシューメンをオーダー。
そして、もちろんイモフライ。
イモフライは現地で何度も食べましたが、ラーメン屋さんで食べた事は無いなぁ…。
なんて考えていたら、あっと言う間にチャーシューメン到着。

自分の知る限りの佐野ラーメンのスープに比べて、魚介系な香りと甘みが強いかな??というのが第一印象。
麺は佐野ラーメン独特なピロピロな麺。
しかし、ちょっと麺が弱いというかモッチリ感が少ないというか、これはもう好みの問題だけど…。
チェーシューはもうちょい厚めがいいけど、まぁ普通に美味しゅうございました。

煮干しさん、こんにちは
佐野名物イモフライ

後半、レンゲでスープすくって味わっていると、あらまぁ煮干しさんの頭がこんにちは。
頭付きの煮干し出汁を使っている事は確認できました(笑)
佐野ラーメンと言ってもいろんなスタイルがあると思うので何とも言えませんが、今まで食べた事の無いタイプの佐野ラーメンでした。
揚げたてのイモフライには、当然ですが佐野のご当地ソース「ミツハソース」が。
ラーメンで腹いっぱいになった後に食べるものじゃなかった。
出てきてすぐに食べればよかったなぁ(笑)
佐野市外で食べられる貴重な佐野ラーメン、ごちそうさまでした!





コメント