2019 〆のラーメン

正月用の酒を買いに、千葉県を代表する酒蔵と言っても過言ではない「飯沼本家」へ。
実家へ持っていく分も含めて720ml瓶をいくつかチョイス。

帰路、ずっと行きそびれていた煮干し系ラーメンで有名な「海空土」の前を通るルートなので、今年のラーメン納めはここだ!という事で駐車場にインしようと思ったら、あれれれれ??看板が違う…。
変わったの??
「煮干しらー麺カネショウ」になってる。
もう、空腹なのでここで妥協(笑)

店内は程良い煮干しの香りが漂い、目的とは違う店だけどちょっと期待値大。
基本の「らー麺」の食券を買ってカウンター席へ。
目の前には煮干し…。
これは演出なのか、それともご自由にどうぞという事なのか??
待ち時間にネット検索してみたら、あらあら、「海空土」から「カネショウ」へ店名が変わっただけみたいですね。
これで一安心、なんて思っていたところへ「らー麺」到着。

良い意味で見たまんまの端麗なお味。
煮干し好きにとっては、もっとニボニボしててもいいかもしれないけど、バランス的にはとても良い感じで煮干しが効いてますね。
麺はもう少ししっかりしたタイプが好みです。
チャーシューはオーソドックスなタイプで好感触♪
そして目の前にあってずっと気になってたのが辣油。

おそらく、餃子がメニューにあるので辣油が用意されていると思うんですが、この辣油、煮干しが入ってる!!
これは興味津々。
ラーメンに入れてしまうと味が崩れそうだったので、食べ終わって残ったスープにまずは一滴。
お、これは美味い、そしてちゃんと辛い。
もっと入れてもっと飲む。
辛くない辣油が多い中、これはしっかり辛い。
そして煮干し効果なのか、とても「旨味」が強い。
かと言って煮干しそのものの味はあまり感じないので、煮干しが苦手な方でもいけるはず。
これはいいね。販売してたら買って帰りたい逸品。
ごちそうさまでした。餃子頼めばよかったなぁ…。
2019年の締めくくりにふさわしい辣油、いや、美味しいラーメンに出会えました。





コメント