いわし天丼+いわし刺身@魚料理みうら(銚子市)

気付けば7月も後半。
マイワシがとっくにシーズンインじゃないですか。
食べる方ね。入梅イワシなんて言われているのに、梅雨も明けてしまったじゃないか。
という事で、マイワシ水揚げの本場、銚子へ。
高速道路+一般道で2.5時間。
しかし、お目当ての店が、まさかの休み。
食べログもGoogleも信用ならんな…。
もちろん、こういう時は第二希望も決めてあるのですが、しばし悩みまして…。
そう言えば、有名過ぎていつもスルーしていた店がある。
そこにしよう!と決めて訪れたのは、銚子漁港真ん前の「魚料理みうら」。

こちらの店、メニュー豊富でかなり迷いますが、ブレずにイワシ狙いです。
イワシ尽くしの「いわし御膳」もそそられましたが、単品でイワシ天丼とイワシ刺身に決定。
同行した妻と次女ですが、妻はゴージャスに「いわし御膳」、次女はイワシ完全無視で奥様でもないのに「奥様御膳」(笑)

広々とした店内、テーブルも広々、ゆったりと待つこと10分ほど。
まずは、いわし天丼の想定外のボリュームにびっくり。

フタを開けていただきます!
野菜天(シシトウ、サツマイモ?、カボチャだったかな? )に、イワシ天が3尾分。
良さげなサイズのマイワシですね。
丼つゆは、一見濃そうだけど、割とさっぱり。

この時期のイワシは脂が多いので、天ぷらはしつこいかも?と思いましたが、無用な心配でした。
汁の染みた衣にホクホクのいわし、アジやサンマとは違った、これぞ青魚の天ぷら!
そして、入梅いわしの真骨頂、刺身です。

魚と言えば、脂脂脂しか言わないグルメリポーターにうんざりですが、これは「脂が〜」とついつい言ってしまいそうな脂の乗り(笑)
薬味のネギと生姜と共にいただくと、脂の良いところだけ残してサッパリと食べられる感じですね。
天ぷらのイワシと刺身のイワシを交互に食べながら、目の前の港から直送の入梅イワシを堪能してご馳走さまでした!
こちらは、妻と次女の「いわし御膳」と「奥様御膳」。

いわし御膳
奥様御膳

地元のスーパーで、どちらも銚子産のワラサとつぶ貝を買って帰宅。

つぶ
ワラサ

つぶ貝の下処理したのは初めてだけど、食べられない部分の処理とか、意外と面倒だった(笑)


コメント