ライス&カレー(チキン)@スリランカ&インドレストラン ランラサ(白井市)

国道16号線を通る度に気になっていたスリランカ&インドレストラン。
内回り千葉県白井市付近です。
割と速度が出ている幹線道路なので、いつもチラ見程度でした。
食べログとかgoogleとか、そういうものが無い時代なら、決して入ろうとは思わない、そんな敷居の高さを感じる店です(笑)
事前に検索してみたら、割と評判の良い情報ばかりで、これはますます行きたくなったという事で初訪問。

まずは、駐車場がある事は分かるが、駐車場内のどこにどうやって車を置いて良いのやら…。
邪魔にならなさそうな場所に停めてみたけど、これが正解だったのかどうかは結局分からずでしたが…。
ちょっと薄暗い店内に入ると、先客無し。
愛層の良さそうな現地出身らしき店員さんと目があったので、1人で来た事をゼスチャーで伝えて、遠慮なく窓際の明るい席へ。

あれ??メニューとか水とか出てこないの??
と思い始めた頃にメニューと水が到着。

見慣れぬ料理もあったりしていろいろ迷ったけど、本来の目的である「ライス&カレー」をチキンでオーダー。
そうです、これが美味そうだったので来たわけです。
いわゆるスリランカカレーです。
辛さを三段階で選べるようなので、辛さ最大でお願いした。
料理を持ってきた時に、先ほどの店員さんがライスの上を指差してニコニコしながら「カライヨ」と一言。

どうやら、ライスの上に乗っている唐辛子ベースの調味料的なやつで辛さ調整がされているようです。
スリランカカレーの王道的な感じで、選べるカレーだけが別皿で提供。
メインの皿のライス周り一箇所にスペースが空いているので、そこに移して食べるのだろうか?
そう解釈して、まずはチキンカレーを単体でちょっと味見してからメインの皿に移動。

どう表現して良いのか分からないけど、よくあるインド料理屋のカレーとはちょっと違う感じ。
その次に、ライスの上に乗った例の辛いやつ。
そのままを恐る恐る口にしてみたところ、確かに辛いけど、すぐに水が欲しくなる程の辛さではない。
これなら、美味しい辛さになりそうだ。
ライスは長粒米。
これじゃなくっちゃね!って感じです。
ライス周りを一種ずつ味見です。

カボチャ、インゲン?、ココナッツのサンボル?、ダルカレーみたいなやつ、パパドみたいなやつ、そしてチキンカレー。
チキンカレー以外は、一つ一つの主張が弱いのですが、これが全て合わさるとパワーアップするのは、何度かスリランカカレーを食べて学習済み。
味見が終わったら、豪快に混ぜて一気に食べ進めます。
やっぱり、全て混ぜてこそのスリランカカレー!
この複雑な味わいが、スリランカカレーの醍醐味ですね。
辛さ的にも、美味しくいただける辛さで、ビビらずに最大にしておいてよかった。
しかし、思ったよりもかなりボリュームあって食べ応え満点。
ボリュームはあるけど、重たいテイストでは無いので完食出来ちゃいます。
もう少しで完食という頃に、紅茶が出て来た。

すごく良いタイミングでおもてなしの心を感じる(笑)
紅茶を飲むなんて、何年ぶりだろう?!
というか、そもそも紅茶が付いてくる事を知らなかった。
久しぶりの紅茶をゆっくり味わって、ご馳走さまでした!
地味で目立たない店だけど、スリランカ料理の隠れた名店かも?!





コメント