ブランド豚厚切り カツ丼(上)@大島屋

千葉県ナンバーワンと噂に聞いていたカツ丼を食べた。
カツの厚み・その日の仕入れによって各種ブランド豚使用・とにかく美味い、そんな話を複数人からリアルで聞いていた。
181204001.jpg
千葉市内の住宅地にある普通の街の蕎麦屋風情な店に、お客さんが出ては入っての常にほぼ満席状態。
そしてほとんどの方が頼むのがカツ丼。
カツ丼・並(1400円)、カツ丼・上(1800円)という、街の蕎麦屋ではあり得ない価格。
決してメニュー全体が高いのではなく、カツ丼だけが突出している感じ。
しかし、多くの方が値段以上の美味さだと絶賛するので、惜しげも無く1800円のカツ丼(上)を、ビビって決心が鈍る前に即オーダーした(笑)
カツ丼に関しては、並とか上のランク分けがある店で上を頼むのは初めてかも。
せっかく、美味いと言われる店へ来たからには、それを堪能しないとね。
181204003.jpg
出てきたカツ丼(上)は噂通りの厚切りで、この日の豚は千葉の「養老もち豚」と言ってたかな?
たまごが若干少なく感じるけど、たまごが少ないのではなく、カツがデカ過ぎるのかと思う。
早速カツのみを1口食べると、箸で切れるほどの柔らかさではなく、肉々さを残した柔らかさで、
食べやすくも食べ応えのある厚切りトンカツ。
いわゆる、肉の甘味も十分感じる。
そして何が美味いって、この味付け。
近頃、蕎麦屋のカツ丼はかなりご無沙汰だったけど、記憶の中にある「蕎麦屋の美味しいカツ丼」そのものの味だった。
そして意外と見落とされがちなのが、ご飯。
丼もののご飯の鉄則、やや固め具合がお見事!
カツばかりがクローズアップされるけど、ご飯の美味しいカツ丼でした。
噂通りの美味いカツ丼は、ボリュームばっちりの満腹で御馳走さま!
お値段もボリュームあったけど(笑)


コメント