比内地鶏の煮干らぁめん@麺のマルタイ(木更津)

木更津へは何度となく行ってますが、アサリの街なのでラーメンの事なんて全く気にしていなかった。
しかも、ラーメンよりもオリジナルオイルの数々に牽かれて行った(笑)
木更津市内にある「麺のマルタイ」。

本来、これらのオイルは混ぜそばメニューに使うものだろう事は想像出来るけど、オーダーしたのは「比内地鶏の煮干らぁめん」。
近頃、煮干感覚が麻痺してきたのでしょうか?
これしきの煮干度では、煮干をあまり感じなくなってきた(笑)
お〜、比内地鶏の味だ! というのが分からないのは当然としても、なかなか美味い。

そして想定外で良かったのが麺。
まるで佐野ラーメンのようなピロピロタイプで、このスープに本当に良く合う。
細切りメンマの食感もナイス♪
チャーシューは豚と鶏。
鶏チャーシューは、しっとりととても良い仕上がりなんですが、やっばりラーメンには普通に豚肉のチャーシューがいいなぁ…。

さて、肝心のオイルですが、全てを味わってみたいので、丼に直接入れるほどバカではありません(笑)
レンゲで掬ったスープに1〜2滴ずつ入れて味見。
焼きアゴ、アオサ、エビ、ネギ、牡蠣、カニ、ニンニク、各種順番に。
エビやカニ、特にエビはちょっと個性が強すぎた。
アオサはよく分からない。
焼きアゴと牡蠣はそこそこ美味い。
ネギとニンニクは定番過ぎるけど、やっぱり定番が美味い。
という事で、丼に残ったスープにネギ油とニンニク油を入れて美味しくいただきました。
まぜそばに使ったら、全く違うイメージかもしれないです。
但し、一番美味いチョイスを見つけるのは、相当数食べてみないと…。
1+1=2とは限らないですからね。
マイナスになってしまう事も多々ありますから。
おすすめの調合とか紹介くれるとありがたいね。
11時半頃入店で7割程度のお客さんでしたが、食べ終わって店を出る頃には、数名待ちでした。
人気あるのね。



コメント