肉南ばん(冷・大)@角萬 向島店

数年ぶり、いやもっと久しぶりかな??
角萬の「ヒヤニクダイ」を食べた。
蕎麦界の二郎とも言われる角萬は、下町方面に数店ある蕎麦店。
昔ながらの街の蕎麦屋風情な店ですが、その蕎麦がすごい。
太くて歯応えがあり、うどんというよりも、二郎系ラーメンの麺の様な蕎麦。
蕎麦は喉越し!なんて申しますが、こちらの蕎麦はのど越しより歯応え。
顎と歯で味わえ!ってなもんです(笑)
中でも人気なのは、肉南ばん蕎麦の冷やしバージョン大盛、通称「ヒヤニク・ダイ」。
今回訪れたのは、向島店。
こちらは初めてです。
開店5分程前に到着しましたが、既に開店待ちの列が…。
数えてみると10人目。

ギリギリ入れるかな??と思っていると、正にギリギリ、開店一巡目で入る事が出来ました。
以前はギッチリ相席でしたが4人テーブルには2人、2人テーブルには1人の案内。
ソーシャルディスタンス目的なのか、向島店は以前からこうなのか?
ラッキーな事に、2人テーブルにて1人です。
順番にオーダーを聞かれますが、ほとんどの方が「ヒヤニクダイ」。
もちろん自分も「ヒヤニクダイ」。
皆さん同じなので、思わず「(前の方と)同じの」と言いそうになりましたが(笑)

久しぶりのヒヤニクダイ、こんなにボリュームあったっけ??
圧倒される量、そして暴力的な程にゴワゴワの極太蕎麦。
しなやかさが無いので箸で持ち上げるのも一苦労(笑)
そして、すする事なんて出来ずに、蕎麦を噛み砕きながら喉へ送っていくという感じ。
この固さ、富士吉田市の「吉田のうどん」の蕎麦バージョンと言えば分かりやすいでしょうか?
そして肉南ばんですから、肉とネギは外せません。
甘みたっぷりのネギと、豚バラのバランスがとても美味いです。

蕎麦

そして、「冷やし」なんですが、キンキンに冷えているわけではありません。
むしろぬるい感じ。
熱い汁 + 冷たい蕎麦 でこんな感じなんでしょうか??
食べやすいと言えば食べやすい(笑)
あまりのボリュームに後半苦戦しましたが、なんとか完食。
蕎麦湯を頂いてご馳走さまでした!

満腹だけどまた食べたくなる、そんな角萬のヒヤニクダイでした。





コメント