ステーキランチ@ステーキハウスペコペコ鹿浜1号店

「ステーキハウスペコペコ」なる店を知ったのは、運転免許を取って間もなくの頃だと思う。
環七やR4沿いで見かける、独特なフォントのネオン看板と当時から既にノスタルジックな店構え。
あれから40年近く経った今、初めて入ってみた。

足立区内の環七内回り沿い、鹿浜橋のすぐ手前です。
ランチで訪れたのですが、日中の光ってないネオン看板ってどこか寂し気な感じがする(笑)
馬車の車輪の様な看板で、環七外回り沿いにあった店をよく見ていたと記憶しているのですが、勘違いだったのか、閉店してしまったのか…。
いずれにしろ、都内にはこちらの「鹿浜1号店」だけのようです。

初めて入るペコペコ、まずは入口の妙にリアルな表情のコックさんにこんにちは(笑)
イメージ通りの店内は、いかにもアメリカンな感じですが、良い意味で野暮ったさを感じ、そういう部分がとてもノスタルジーな気分にさせてくれます。

グランドメニューは割と多種で、ランチメニューは3種。

価格帯によってはハラミ成型肉やインジェクション加工肉(牛脂等を注入加工)を使用している事を明記してるところが好感触ですね。

メニューのイラストも、なかなか良い味出してます。
という事で、ランチメニューから「ステーキランチ」をオーダーです。
お飲み物は?と聞かれ、ドリンク付きである事を知る。
咄嗟にウーロン茶と答えた。
以前も書いたかもしれないけど、ランチにドリンク不要派なので何でもいいです(笑)
まずはドリンクとサラダが登場。

こういう超ミニサイズのサラダ、古き良き喫茶店のランチみたいでイイネ。
食べ応えは無いけど…。
そしてメインのステーキとライスと味噌汁が登場。

スープが味噌汁というのもいいね!何だかホッとします。
鉄板に乗った肉を1切れだけ切って、まずは塩と胡椒で。

なかなか美味い。
ハラミ成型肉の様ですが、ヘタな肩ロースの固い肉よりもよっぽど美味いのでは??
そして、卓上のステーキソースを少々。
変な甘味が無く、ストレートでキリっとした味付けが好みド真ん中です。

今まで使ったステーキソースで一番の好みかも。
タレだけで飯が食えるというのが実感できるステーキソース(笑)
付け合せのコーンとインゲンも、ステーキソースの恩恵を受けて最高です。
これは腹ペコペコじゃなくても美味いやつだよ!と思いながら、あっという間のご馳走さまでした。
ペコペコ、いいね。


コメント