佐世保スタイルバーガー@66(柏)

千葉の渋谷(笑)柏駅近くなのに、駅周辺の喧噪が嘘の様な静かな一角。
なかなか味わい深い佇まいの店を見つけたのはかなり前の事でした。
最近、ふと思い出して調べてみたところ、千葉県で3本指に入る様なかなり有名なハンバーガーの店だったんですね。
「66」という店名は、アメリカのルート66由来だというのは容易に分かる感じですが、こちらの店はシックスティーシックスではなく「ダブルシックス」と読むそうな。
一度は食べてみたいと、近くに来る機会を狙っての初66。

開店間もなく薄暗い店内のカウンター席に案内されて、一番人気らしい「佐世保スタイルバーガー」をオーダー。
お値段も、1,350円とバーガー類では一番(笑)
ランチタイムのサービスでドリンクが付くというので、ウーロン茶!とすぐに返答するものの、いやハンバーガーならコーラだろ?!と思い直してすぐに変更。
間もなく、レトロアメリカンなタンブラーに入ったコーラが登場。
そう言えば、コーラを飲むなんて何年ぶりだろう?!
アルコール以外は、ほぼお茶、本当に稀にコーヒーという日常なので…。
久しぶりのコーラをゆっくり味わっていると、カウンター越しに「佐世保スタイルバーガー」が登場!

想像以上のボリュームに、ビックリ。
それは、食べきれなさそうという事ではなく、どうやって食べればよいのかという事にビックリ。
実は、こういう類のハンバーガーを食べるのは初めて。
やや近いと言えば、クアアイナで食べた事があるくらいだけど、比較対象としてはちょっと弱いか(笑)
ナイフで切って食べたいのを我慢して、説明されたようにカウンターにある紙製の袋に入れて食べる事に。
まずは、串を抜いて、崩れないように袋にイン!
この時点で、少しズレた…。
後で気付いたけど、串を抜くのが早かったかも(笑)

ここからはもう、何も考えずにかぶりつくしかあるまい。
一口目、タマネギとレタスだけが口の中へ。
バンズはカリっと焼いてあり、良い食感です。
タマネギは、しっかり焼いてあるタイプですね。
ベーコンも残念ながら噛み切れずに一度に全て食べる羽目に…。
そして主役のビーフパテ。
肉々しい事この上無く、ハンバーガーというよりも、ステーキとパンを食べているような感じ。
ソースは、バーベキューソース的な感じですね。
ケチャップ&マスタードかと思っていたら、こういうところも手が込んでます。
途中、ポテトをつまみながらハンバーガーにかぶりつく。
ポテトフライは、まぁ普通です。
ピクルスが2切れ、酸味控えめな食べやすいタイプでした。
たかがハンバーガー1個とナメてましたが、食事としてじゅうぶんなボリュームで大満足。
人気なのも納得の美味さで、ハンバーガーが1350円??ふざけんなよ!なんて少しでも思っていた事を反省です(笑)
佐世保スタイルの定義って何??なんて考える余裕も無い美味さのご馳走様でした!!





コメント