Cセット(チュニジア餃子+シシカバブ)+チキンカレー@RB’s ひつじ屋(新松戸)

以前通り掛かって、ずっと気になっていた店です。
羊肉が大好きなので、この店名を見たら入らずには居られません。
新松戸、あまり縁の無い場所なんですが丁度良いタイミングでした。

ランチメニューは大きく分けて2系統。
カレーのセットか、肉料理のセット。
肉料理の方にある「チュニジア餃子」が気になって仕方ありません。
たぶん「ブリック」の事ではないだろうか。
以前、五郎さんが食べているのを見て知った料理です。
という事で、Cセット(チュニジア餃子 + シシカバブ2本)に即決したのですが、やはりカレーも食べたい。
これに単品でカレーを付けられればなぁ…と思うも、メニューにそれらしき記載は無し。
逆に、チュニジア餃子が単品で載っている。
ならば、カレーのセットにチュニジア餃子という手もある。
そんな事を考えていると、店員さんがオーダーを聞きにきたので、C セットにカレーを付けられるか尋ねてみた。
すると、カレーセットのメニューの下にある「カレー2種の場合は+200円」という部分を指差して、200円と言った。
え?200円でカレー付くの?
ならば、Cセットにカレーを付けよう。
悩んでいる時間が無いので、咄嗟にチキンカレーをオーダー。
ライス or ナン、これはライスに決めていた。
ドリンクも考えていなかったので、咄嗟にラッシー!
待っている間に再度メニューを眺めていると、カレーはAとBから選べるようなのでマトンにすればよかったなぁ…、ひつじ屋だし…、と僅かな後悔です。

まずはラッシーとサラダが登場。
サラダは、あのドレッシングではありません。
ちょっと和風寄りな感じのタマネギ系ドレッシングという印象。
キャベツの切り方がちょっと粗くて、ポロポロ落としてしまう(笑)
厨房からは揚物の音がする。
ブリックを揚げているのだろう。心地よい揚げ音♪
10分程度でメインのプレートが登場です。

スープ、ライス、シシカバブ、ブリック、スープ、カレーという構成で、カレーが無かったらちょっと寂しかったかな??
まずはスープから。
かなりスパイシーな香りで、インド料理のラッサムスープから酸味を取り除いたような味付けで、好きな味です。

黄色いライスはターメリックかな?
日本米に長粒米が混ざっていて、良い感じの炊き具合です。
シシカバブは、割としっかりと下味が付いていて、肉はマトンっぽいけどちょっと自信無し。
しっかりした味付けと肉々しさが、ご飯によく合います。

カレーは5段階中2番目に辛い「激辛」でオーダーしましたが、じゅうぶん辛いです。
ただ、自分が想像していた辛さとちょっと違って、やや重たい辛さ。
もう少しスカっとした辛さだったら嬉しいなぁ。
具は、一口大のチキンが2個程。
プラス200円にしてはじゅうぶん納得。

さて、チュニジア餃子ことブリックです。
初めて目の当たりにします。
表面の見た目は、マックのベーコンポテトパイみたいな感じ(笑)
フォークで切ってみると、サクッと良い感触で、中からチーズと半熟状態のタマゴがトロ~り。
挽肉?メインの具で繋ぎにジャガイモ?、何と表現して良いか迷うけど、「美味いやつ」としか言いようが無い(笑)

いわゆるエスニック料理っぽい感じがしなくて、普段から食べ慣れているような全く違和感の無い美味い味。
もちろん、ご飯との相性もバッチリ。
スープ、ケバブ、ブリック、カレー、どれもがライスを欲するわけで、あっという間にライスが無くなり、おかわりオーダー(無料)。
少な目と言っておかわりしたんだけど、最初にあった量と同じくらい持ってきてくれて、満腹でございます…。
初めて食べる料理の美味さに、ついついご飯を食べ過ぎて、満腹のご馳走さまでした! !




コメント