トラウトデビュー

管理釣り場でのトラフトフィッシングを初体験でした。
基本的にルアーフィッシングはあまり好きではないけど、近所の海や河口でのシーバス歴はそこそこ。
全くの初心者ではないけど、トラウトロッドも、3lbなんていう極細ラインも、スプーンもバーブレスフックも全て未知の世界。
そういえば、シーバスフィッシングもご無沙汰だったので、スピニングリールを使うのも久しぶりだ(笑)
こんな細いラインで大丈夫? 1gのスプーンなんてはたしてどこまで飛ぶの??と、ハテナマークだらけで開始。
数投で、なんとなく投げる感覚は掴めた。
ひたすら投げていろんな速度や角度で巻いているうちに、ルアーの泳ぐレンジもなんとなく分かった。
しかし、分かっただけでは釣れない(笑)
そもそも、トラウト類の習性もよく分かってないし、いわゆる「タナ」もよく分からん。
大小各色スプーンをいろんな深さを泳がせながら1時間ほどでようやくヒット。
が、バーブレスだからなのかシングルフックだからなのか、意外と簡単にバレちゃうのね…。
数回バラした後に、ようやく記念すべき釣り人生初の「ルアーによるニジマス」ゲット!!

その後も、飽きないほどにアタリはあるけど、なかなか乗ってこない状態だったり、バラシも多数。
一番悔しかったのが、かなり良いサイズがかかって寄せてきたものの、反転された時にラインがプッツン…。
そういえば、リールのドラグ調整も適当だった…。そりゃ切れるわ。
リリースしたりキープしたりで、結果まぁまぁサイズを5尾ほどお持ちかえり。
キャンプ場の炊事場みたいな感じの設備があって、そこで持ち帰り用の魚を捌けるっていうのが便利でいいね。

もう少し釣れるかな?なんて思ってましたが、バラシやライントラブルも多く、いろいろと反省点多数。
まぁ、初めてにしてはじゅうぶんだったかな??と自分には甘い採点(笑)

嫌いなジャンルの釣りの一つだったけど、意外と面白いじゃないか。
釣りといえば、近所、海釣り、そしてもちろん無料というのが当たり前だったけど、
いろんな意味でお手軽だし、有料なりの快適さや便利さは捨て難いね。
ちょっと遠いのがネック。
いや、近所だったら散財しそうだ(笑)




コメント