メスティン買った

この夏、店頭やオンラインショップから在庫が一斉に消えたメスティン。 固形燃料程度でも美味しくご飯が炊ける優れものです。
転売野郎のおかげで価格も高騰。
以前持ってたのですが、どこにしまったか分からず、もしかしたら処分してしまったかもしれない。
そうなると、余計に欲しくなるってもんでして(笑)
しかし、本家トランギア製はもちろんの事、ダイソーのメスティンまでもがことごとく売切れ。
ソロキャンプブーム()の弊害か??
そろそろ世間のメスティン熱も冷めてきたかな??と思って店頭を探したのが先月くらいでした。
大手ショップでトランギア製がおひとり様1個までとなってましたが、在庫はかなりあるみたい。
次に来た時でいいや…と思って先日訪れてみると売切れ。
まだまだメスティンブーム継続中なんですね。
店頭在庫は無いものの、オンラインショップではギリギリ在庫があったので即ポチると、翌日には売切れでした。
翌々日には到着して、まずはメスティン使用前の大事な儀式、シーズニングとバリ取りです。

蓋を開けて本体フチにバリがあるので、そのままでは口や手を傷つけそう。
サンドペーパーで軽くこすって完了。
シーズニングは、土鍋でもやる、いわゆる「目止め」ですね。
米のとぎ汁で煮沸するわけですが、これだけの為に米をといで、米のとぎ汁を確保(笑)
沸騰させてメスティン本体を煮る事20分。
冷まして洗って準備完了です。
実は、使用目的はアウトドアよりも普段の弁当用(笑)
炊き込みご飯が好きなんですが、自分の弁当の為だけに炊くのも大変なので、メスティンで1人分だけ調理してそのまま弁当として持参。
トランギア製メスティン(スモール)の容量は750mlだそうで、成人男性用弁当箱の類ではちょっと小さめかな??
1.8合の米を炊飯出来るので、1合とオカズちょい乗せならじゅうぶん、いやちょっと多いか(笑)
そのあたりは、例えば茶碗1杯分のご飯を作るには、米何合か??とか、すぐに変換出来れば問題無し。
早速、定番の炊き込みご飯を。
米0.8合と同量の水を入れてスタンバイ。
顆粒鶏ガラスープと醤油少々、余り物のチャーシューとネギを入れて、火加減変えずに弱〜中火で20分。
15分蒸らして完成。


久しぶりに作ったけど、吹きこぼれもせず、火加減調整も無用で、ライスクッカー以上の手軽さ♪
そのうち、昼飯時にその場で調理出来るように固形燃料とポケットストーブも持ち歩きそうだ(笑)




コメント