おさしみ定食(地魚6点盛)@わかせい(袖ヶ浦)

以前から気になっていた国道16号線沿い木更津寄りの袖ヶ浦市内にある魚料理の店へ。
狙うはランチの「おさしみ定食」。

地魚の6点盛りだそうで、「地魚」という言葉に弱いわたくし、フライものにもそそられたけど、地魚刺身の定食一択です。
この日の内容は、ブリ・ヒラメ・イカ・ホウボウ・ムツ・イナダの6点。
って、おいおい、ブリとイナダって…。
まぁ、同時に食べる機会もあまりないので良しとしよう(笑)
それぞれに魚の名前が記された串が添えられていて、こういうサービスは嬉しいですね。
何という名前の魚だろうが、美味しければそれでいいと思うけど、やっぱり自分が食べている魚の名前は知りたいですからね。
特に、切り身になっているブリとイナダの区別なんてつかないし(笑)

イカは、何イカなのか書いてくれたら嬉しかった。
そんなわけでまずは、イカ。何イカなんだろうか??モッチリした食感で美味いのです。
お次はヒラメ。ヒラメは高いのであまり食べ慣れてないのですが(笑)、こんなものだろうか?!
ホウボウ、大好きな白身の一つです。正に旬の地魚!美味くないわけがありません。
ムツ、実は刺身で食べるのは初めて。皮を炙ってあるのですが、炙りの香ばしさと「むつっこい=脂っこい」を語源とする魚ならではの脂が良いバランスで最高に美味いですね。炙りムツ丼なんていうのがあったら食べたい(笑)
そしてイナダ、ブリもあるので、成魚と若魚の食べ比べというのは初めてだ。
ブリの類は、どうしても脂を求めてしまうので、やっぱり食べ比べたらブリに軍配でしょう。
単品で食べれば、じゅうぶん美味いイナダでしたが。
ご飯がちょっと柔らかめだったのが好みから外れてたけど、6種の地魚をじゅうぶん堪能してランチ価格で1,000円+税は素晴らしい。
大満足でご馳走さまでした!
海鮮ミックスフライのオーダー率が高かったような気がした。
周辺のテーブルのお客さんはほとんどミックスフライ。
気になる…。




コメント