比内地鶏の親子丼@秋田亭(松戸南部市場)

特に何を食べるか決めずに訪れた、久しぶりの松戸南部市場。
到着と同時に、 以前からチェックしていた秋田料理の店を思い出し、早速「秋田亭」へ。


店内メニューにあった「きりたんぽラーメン」が気になるけど、以前から食べてみたかった比内地鶏の親子丼一択です。
店内を見渡すと、どうやら秋田県は大館市由来の店みたいです。
10分ほど待って出てきた「比内地鶏の親子丼」は、椀と漬物がセットに。
漬物不要ですと言うタイミングを逃してしまった…、すみません。

まずはお椀の汁ものから。
吸い物的なものかな??と思いきや、これはおそらく比内地鶏スープですかね?
マイタケが入っていて、正にきりたんぽのスープの味です。
メインの親子丼の第一印象は、玉子の黄身と白身が完全に混ざっている。
これが良いのか悪いのか分からないし、完全に混ざっていても好きなんですが、玉子とじと言えば白身と黄身をほんの軽く混ぜたカツ丼のイメージだったので…。
味付けは、濃過ぎず薄すぎず、好みとしては最高に美味いです。
玉子は、完全に火の通ったところと半生の部分があって、好みとしてはもう少し半生部分があれば嬉しいなぁといった感じ。
「子」の方はこんな感じです。
「親」の方、比内地鶏の肉ですが、かなり歯応えのある締った食感。
自分のイメージする比内地鶏通りでした。
柔らかさとは無縁の、噛み締めて楽しむみたいな。
そもそも、比内地鶏は肉よりスープ!!という概念だったので、これは想定内。

そういえばタマネギが入ってなかったけど、親子丼にタマネギの有無はどちらが主流なんでしょうかね??
親子丼を食べる機会があまりないもので…。
ご馳走さまでした!と席を立とうとすると、なんとデザート付きだったんですね。
バニラアイスの登場。これは想定外でした。

帰り際、店のご夫婦に母方が秋田県である事を話しかけた。
秋田県と言っても広いですからね。
秋田市ですと言うと、店の方はやはり大館市出身らしい。
マイタケやきりたんぽ、だまこもちの話で盛り上がってお会計でした。
今度はきりたんぽラーメンとやらを食べてみよう。
ご馳走さまでした!

前半、狭い店内カウンターで終始大きな声で電話していた客が居た。
決してかしこまった店ではないけど、不快だね。


コメント

  1. アバター kouhei より:

    新メニューですかね、きりたんぽラーメン気になります。
    ポスター見て玉子トロトロを期待しましたがそうでもなかったですね。
    タマネギの有無ですが、高級店では入ってないのが主流みたいです。
    玉ひでも使ってないです。
    あと関西ではタマネギの代わりに長ネギが入るらしいですよ^^

  2. アバター sano より:

    なるほど、親子丼のタマネギってそういう位置付けなんですね。
    きりたんぽラーメン、外のメニューには記載無しでしたが、店内メニューにありました。きりたんぽ鍋のスープにラーメン、そのままだと麺料理のつゆとしてはちょっとあっさりし過ぎかもしれませんが、どうアレンジされているのか気になります。

  3. […] 先日、比内地鶏の親子丼を食べた秋田料理の店で「きりたんぽラーメン」という気になるメニューがあったので、早速再訪問。 […]