牛丼@紅龍閣 柏の葉店

東大柏キャンパスの近く、この辺り急激に開発が進んでますが、10年以上前からある店だと思います。
オープン時から気になりつつ、駐車場も広くて入り易いのですが、なかなかこちら界隈に来る事が無くて、ようやく初訪問です。
ランチメニューが充実しているとの事ですが、店頭のメニューを見ると、定食類や麺類を含めて26種。
これは選びがいがあるってもんです(笑)

開店時間を少し過ぎた頃なので、店内には1組だけ。
4人テーブルに1人案内されて、しばしメニューを検討。
全てのランチメニューにサラダバーが付くようで、定食類・丼類・麺類+チャーハンor麻婆丼 の3系統。
定食類か麺類セットで悩んでいたのですが、「牛丼」の文字が目に付いた。
中華料理店で牛丼?!?!?!?!
たぶん見た目は日本の牛丼っぽくて、味付けは八角の効いたタイプとか、オイスターソース系の味付けだったりとかで、中華風にアレンジしてあるんだろうな…という、勝手な解釈で牛丼をオーダーです。
サラダバーをどうぞと言われ、サラダバーコーナーへ。

サラダバーというから、生野菜中心のやつを想像していたら、ほとんど総菜バーじゃないか(笑)
小ぶりの中華まんもあってビックリ。
まずは無難にレタスやらキャベツを。
その他、味や内容の判別が付かないものが多く、ハズレを引いたらいやなので、分かりやすい麻婆豆腐らしきものを少し。

ちょっと欲を出して、肉まんを一つ。
これで終了と思った時に気付いたのが、茶色の漬け汁の中に漂う味付け玉子?!
こ、これは嬉しい。
思わず二度見してしまったよ。
むしろこれだけでもイイ。
2個も持ってきてしまいました(笑)

当たり前だけど、サラダは極々普通。
そして麻婆豆腐らしきもの。かなり片栗粉が効いていて、箸でも食べられそう。
味ですが、これを麻婆豆腐と言って良いのか悪いのか…。
決して美味しくないわけではありませんが、麻婆豆腐とはちょっと違う、いや、麻婆豆腐の定義が分からないので何とも言えませんが。
給食とか仕出し弁当とか、そんな風情の麻婆豆腐らしきものです(笑)
そして牛丼登場!!

お?! そう来たか…という感じです。
もっと簡単に考えるべきだったか?!
いわゆる「牛バラあんかけご飯」的なやつです。
中華料理店では特に珍しくもないのですが、これを牛丼と表現するのは初めて目にしましたが、確かに牛丼です(笑)
意外とボリュームがあって、大盛りにしなくてよかった。
餡の味付けは、この類の料理の標準的な仕様という感じ。
スープもなかなか良いお味。

確認出来る具は、牛肉、タマネギ、長ネギ、チンゲン菜?
チンゲン菜らしき青菜のシャキシャキ感は、かなり良い感じです。
タマネギは青菜とは対照的によく火が通っていて、餡に馴染んでます。
サラダバーの味玉を1個乗せて食べたけど、これが抜群に合う!
牛肉はそこそこのボリュームですが、ややパサっとした感じが気になるかな?
とは言え「牛丼」のボリュームと総菜類のバイキングでこの価格ならじゅうぶん納得。
味玉もう1個食べたいなぁと思ったけど、ガマンガマンでご馳走さまでした!


コメント