胡麻らーめん@拉麺阿修羅(船橋)

胡麻系のラーメンと聞いて連想するのがこれ。


というか、すっかり見かけなくなったのでとっくに製造販売終了かと思ってたら、現役だったんですね、
ビックリ。
決して、嫌いな味ではなかったけど、サッポロ一番の中では最下位(←個人の味覚による意見です)。

船橋駅周辺のそこそこ有名なラーメンはほぼ食べた事があると思うけど、船橋市役所近くのこちら「阿修羅」は初めてでした。

胡麻らーめんというのが売りらしいけど、上記の理由も含めていろいろとピンとこなかったのでずっとスルーしていた。
しかし、食べず嫌いかもしれないので、恐る恐る入ってみた(笑)
普通っぽい「醤油ラーメン」もメニューにありましたが、せっかくこの店に来たのなら胡麻らーめんでしょ?!
と自分に言い聞かせながら券売機のボタンをポチっ。
ついでに「あじ玉子」もポチっ。
「あじ玉子」という表記でしたが、これは珍しいね。
ちょっと小さめな(小さめに見える)丼で登場したのは、一見味噌ラーメンにも見えなくないスープの色。
胡麻って、こういう事なのね。
これなら美味そうだ。
分かりやすい例えだと、辛い成分の無い担々麺と言った感じでしょうか。
スープのザラっとした舌触りにゴマ感全開!
テーブルにある胡麻で「追い胡麻」もオーケー(笑)


太目の麺がピッタリでイイね。
チャーシューとメンマは普通。
味玉、いや「あじ玉子」は、もう少しトロっとしたタイプが好きかな…。
最後にスープを味わっていると、一瞬ダイレクトな生姜を感じたのは気のせい?
薬味に使ってる??
その次に、これまた僅かだけどダイレクトなシソ感があった…。
シソは苦手なんだよね。
このスープに合わなくもないだろうけど…。
後で写真をよく見ると、しっかりシソが乗ってるじゃないですか。
最初に気付いてたら、先にバクっと飲み込んでたかも(笑)
そんなわけで、最後の最後にあまり得意ではないシソに不意打ちされましたが、想像以上に美味しかった「胡麻らーめん」だったのでした。
ご馳走様でした!




コメント