和風冷しラーメン@喜多方ラーメン坂内 船橋店

青唐うま塩ラーメンなる、辛そうで美味そうなメニューがあるというので、喜多方ラーメン坂内へ来たのでした。
店頭でも青唐推しですね。

お~これだよ、と見ていると、お酢の効いたスープだと?
そういうの、あまり好きじゃないんだ…。
ここまで来て引き返すのも面倒だし、無難に普通のラーメンでも喰うか…と入店です。
一応、メニューを一通り拝見。夏ならではの冷しメニューもあるのね。

体温並みの気温でぐったりなので、冷しメニューといきたいところですが、冷し中華ってあまり惹かれないのです。
ところが、よく見ると冷しメニューは2種あって、一つはいわゆる冷し中華タイプ、そしてもう1種「和風冷しラーメン」なる、普通のラーメンをそのまま冷やしたような物だった。
これなら口に合うかな?
ちょっと冒険して、オーダーしてみました。
7~8分程度で登場です。
トレイには丼に入ったラーメンと別皿にチャーシューとワサビ?!
ラーメンにはメンマとネギ。

とりあえず、ラーメンらしく、別皿だったチャーシューを乗せてみました。


そしてスープには氷が…。
飲んでみると、当然ですがキンキンに冷たいです。

冷たくて味が分かり難いのか、そういう仕様なのか、何かコクが無いというかサッパリし過ぎてるなぁという印象。
脂分はほとんどありません。
チャーシューが別皿なのは、脂分が白く固まるのを防ぐ為でしょうか??

麺はこれぞ喜多方という感じの麺で、冷やしてあるのでしっかりしたコシがあって美味い!!
が、これは一体何を喰っているんだ?!という感じ。
ワサビを少し乗せて食べると、あっという間にザル蕎麦喰ってる感じになるので、このラーメンそのものの主張が乏しいですね…。
まぁ、酷暑のランチには良いと思いますが…。
美味しいというより、冷たくて気持ちイイなぁと思った。
冷し中華よりは好感持てるなぁ(笑)と思いながらの、ご馳走さまでした。


コメント